沖縄産フルーツ/特産品 産地直送 美食市場 美味

マイアカウント
カートの中身を見る
メールマガジン
店長ブログ
お問い合わせ
美食市場 美味
商品カテゴリー
あぐーの保存と育成と取り組む我那覇畜産
名護は水の都と呼ばれ、沖縄の地ビール『オリオンビール』の工場がありモンドセレクション金賞を受賞した沖縄の代表的な泡盛『蔵』も製造されています。それらの地区からさらに山奥深くに我那覇畜産はあります。絶滅寸前の琉球在来種『あぐー』はこの地で大切に大事の飼育、保存されています。
我那覇畜産は約6000坪の敷地内に11の豚舎を構えている。農場内には季節の花々があふれている。 入口にはあぐーのシーサーがお出迎え、さらに山を登ると新しい豚舎が。ここであぐーは飼育されています。入口には感染予防のための門、さらに進むと車を殺菌するシャワーなど装置などがあります。
上右の写真 右:我那覇豚肉店 常務 我那覇 宏生さん
  左:我那覇畜産 代表取締役 我那覇 明さん
琉球在来種「あぐー」の歴史
アグーの原種は、1385年(1392年という説もある)に中国から琉球に渡ってきたとされています。しかし近年、伊江島にある弥生後期の貝塚、具志原貝塚で豚の骨が発見され、14世紀より前にすでに沖縄では豚とのかかわりがあったことが分かりましたが、どちらの豚が琉球在来種アグーとなったかはまだ分かっていません。 なぜアグーと呼ばれるようになったか?与那国馬や宮古馬など地名に由来して名前を付けられている例があるため、アグーも粟国島と何らかの関わりがあるのかもしれないと言われています。 いずれにしても確かな文献が残っていません。 琉球王朝時代から飼育され、食されていたアグー。しかし、太平洋戦争と豚コレラのせいでその数は急激に減少しました。さらに戦後、物資食料の乏しくなった故郷を救おうと、ハワイの沖縄県人会が350匹の白豚を沖縄に送ってくれました。 品種改良がすすんでおり、赤肉の多さ、出産数の多さ、発育の早さなどがアグーより優れていたため、養豚農家は喜んで外来豚を飼育し、結果沖縄の食糧事情も豊かになっていきましたが、いつの間にか在来種アグーは養豚農家の豚舎から姿を消してしまいました。 名護博物館の当時の館長島袋正敏さんが、在来家畜の展示飼育を手掛けることになり調査をしたところ、なんと県内に30頭程しか存在しませんでした。「これは大変なことになっている」ということで、保存に乗り出そうと1981年ごろから純血に近いアグーを集め18頭が集まった。 地元の北部農林高校に集められたアグーは近親交配退化を避けるため「戻し交配」にかけられた。 生まれた子供の中から雑種要素の強い固体を取り除き、原種に近いものだけをさらに掛け合わせていく。 気が遠くなる作業が続けられ、さらには地元の畜産試験場でも研究は進められ現在では200頭ほどまでに個体数が回復しています。
ストレスを与えない環境
ゆとりあるスペースに地面にはおがくずを敷き詰めて、豚にストレスを与えにくくしています。もともと豚は清潔好きです。ほら、豚さんも気持ちよくて寝てますね。

清潔に保つ工夫と義務
我那覇畜産では敷地内にEM菌を培養しています。培養したEM菌を、豚舎内で霧状に散布することにより、豚舎内の環境の浄化および豚の体内の浄化も行っています。EM菌散布及び豚舎のまめな清掃により従来の豚舎のイメージにないくらい匂いが気になりません。

豚肉の品質管理に効果的 EM菌
生育の最大の特徴は与那国島のサンゴ化石などを使った飼料作りと、暑さ対策や飲み水へのEM菌の活用です。サンゴ化石は炭酸カルシウムやミネラルが多く、カビ毒素を除去してくれます。そしてEM菌は免疫予防の効果があり、堆肥化しやすく匂いも抑える特徴をもっています。徹底した品質管理が、牛肉に勝るとも劣らない美味しい豚肉が作られる秘密です。
やんばる島豚あぐー
1. デュロック(D)♀×バークシャー(B)♂を交配して生まれた♀DBに琉球在来種アグーを交配した品種。
やんばる島豚あぐー
2. バークシャー(D)♀×琉球在来種アグーを交配した品種。
やんばる島豚あぐー
3. 琉球在来種アグー :脂身は多いが旨味成分に富んでいる
  デュロック :ロースにサシが入りやすい
  バークシャー :黒豚で赤みがきめ細かい
  三品種の特性を活かした最高級品
沖縄 山原豚
1. ランドレース(L)♀×大ヨークシャー(W)♂を交配して生まれた♀LWにデュロック(D)を交配した品種。
沖縄 山原豚
2. 掛け合わせは一般豚とは変わりませんが、餌に拘りを持ち麦を主体としてヨモギ、海藻、ニンニク等をオリジナルブレンドし、カビ毒素(マイコトキシン)除去用資材として与那国島原産化石サンゴの天然カルシュウムを添加した独自の配合飼料を与え又、水はやんばるの自然水を飲ませています。